コロナウイルスに対するマスクの効果

コロナウイルスは不織布マスクを貫通する

一般的に流通している不織布マスクのフィルターサイズは概ね5マイクロメートルです。これに対し、現在世界中で猛威を振るっているコロナウイルスのサイズは0.1マイクロメートルとなっています。

コロナウイルスの大きさは不織布マスクのフィルターサイズの概ね50分の1以下です。これはジャングルジムに2センチメートルのスーパーボールを投げるのと同等のサイズ感となります。

つまり咳やくしゃみによる飛沫感染及び空気中に漂うエアロゾルを防ぐという意味において、不織布マスクはほとんど効果をなさないということです。

一方で杉花粉のような比較的サイズの大きな粒子(肉眼で確認できる)の場合、ジャングルジムに対して大型のビーチボールを投げるようなイメージなので花粉症の方に対しては一定の効果があると言えます。

  • 不織布マスクのフィルター(5マイクロメートル)
  • 杉花粉(30マイクロメートル)
  • 細菌(1~2マイクロメートル)
  • コロナウイルス(0.1マイクロメートル)

自らの咳による飛沫拡散には効果がある

コロナウイルスに限らずマスク着用の本来の目的は、自ら所持しているウイルスや細菌を他人にうつさないことにあります。

上述のとおり、マスクによって花粉は防げても細菌やウイルスを防ぐことはできません。マスクで防ぐことのできる花粉にはそもそも感染力という概念がありません。

しかしながらマスクには自らの飛沫を外に漏らさないという意味において一定の効果があります。

もちろんすべての粒子の拡散を防ぐことは不可能ですが、通常咳やくしゃみには唾液を伴うため、水分に含まれたコロナウイルスはマスク内部に引っ掛かりやすくなります。

咳は前方に約1メートル、くしゃみは約5メートルほど飛散するので、逆に言えば人と人との距離を大きく保てる場合はマスクが不要ということになります。

正しい知識でマスクを活用しましょう

マスクは万能ではありません。コロナウイルスは肉眼では見えませんから、空気中に漂っているウイルスに対してはマスクを着用していてもほぼ無防備です(エアロゾル感染)。

大切なことはそもそも感染の恐れのある外に出ないこと、人との距離を保つこと、自身の免疫力を高めることです。

外出する際にマスク着用が推奨されている理由は

  • ウイルスを含んだ飛沫の拡散防止
  • 砂や粉塵などの粒子の体内移入防止
  • 湿度を高めることによる喉の粘膜保護

などが挙げられます。この「喉の粘膜保護」には自らの免疫力を高める効果もあると期待されており、逆に喉の粘膜が渇くと様々な細菌に対しての防御機能が著しく低下してしまいます。

やむを得ず外出をする場合は自身の喉の保護のためにマスクを着用し、できる限り人の少ない箇所を選んで行動するようにしましょう。手に付着したウイルスはすぐには死滅しないので、手洗いを頻繁に行うことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました